スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

サクライ生活その10

ドラえもんの誕生日だった9月3日。

なんと未来デパート(運営チーム)から、
レベル調整機 と 
スキル取り直し機 と
ステータスリセッター が 届きました。

ログインしてみたものは、転生オーラの沢山居る世界。

予想はしてましたが、皆一気にLvをあげまくりんぐの様子。
転生ノビ姿でもオーラになれたり。一時的な記念撮影会には
うってつけ。まぁ、そんなことのためだけのNPCではないですがw
でもやりたくなるのは仕方ないですよね。わかりますよ。

※でもこんな状況でもログイン人数は変わっていなかった。

このレベル調整機なんですが、ベースもジョブも上げられます。
が、下げられません。つまり、一度MAXにしてしまったあとは
キャラクターを削除して作り直さないといけません。

まぁ、一瞬で望みのLvまで戻れるので、削除の手間なんて
たいしたことではないのですが…テスターらしい作業とは言えるかな。

さて、今回のテーマは

キリエの下克上は成ったのか

他にもクッキーにテーマを搾り出して貰っていっぱいあるのですが
いぺんにはこなせませんのでじわじわ行こうと思います。

たとえるなら

小出しにして世界記録を徐々に更新し続けるアスリートみたいな感じ

です。え、違う?Σ( ̄□ ̄!?

--

第一話 『名無しの中心でアスムと叫んだけども』

レベル調整可能になたので、さくっとハイプリへ。
今まで必死で時間を使って居た人にとってはちょっとむごい仕打ちですが…
R仕様でのレベリングがどんな感じかを見るには、役立ったと思うけど
こんなの実装されるとわかってたら無理に上げなかったよ!
必死で転生オーラまできたけどベース99でジョブ48だったよ!
みたいな人は結構居るようです。

うちは単に時間が取れなくて86止まりでしたが。

っと、そんなのは良いんデス。

ハイプリーストになったショコラは、99/70に。本サバのリア。と同じレベルへ。

らう氏が居たのでハイウィザードで同伴して貰って、名無しへ行ってみることにした。

さっそく覚えたアスムの効果を体験してみましょう。

アスムプティオ!!

体にアスムオーラが。何か強くなった気がします!これで勝つる!
しかし…1Fで最初様子見ながら歩いてダメージを見てましたが、
アスムの効果がわかりません。何が変わった?

元々被ダメージにばらつきがあるせいもあって、
骨投げ君(ラギットゾンビ)から50~80程度のダメージを貰うのですが
アスム後もやっぱり50~80くらい貰うのです。なにこれ、色変わるだけ?
厳密に言えば、通常時が50~80のダメージで、アスム時は40~70くらいなのかも。
かなりの回数統計取らないと、具体的な差分出せないかもしれません。

の時点で微妙な香りが漂ってきます。
本サバの方なら、すぐに分かるレベルの体感ですしね。

もちょっと痛い相手で試そうと、ゾンビスローター戦。
これも結局のところダメージのばらつきがあるので分からない。
ソニックブローのダメージが、1発10~20ずつくらい減ったような
そうでもないような。何にせよ、

減った実感を得られない程度の効果

となりました。

そしてキリエはどうかというと…魔法しか使わないような相手でもない限り
カンカン跳ね返します。フェンアクセ付けっぱなしにしてキリエを自分に
上書きし続けてたら、その間に放たれるSGで敵は死んでくれます。

抱えながら被弾しながらのヒール連打より、経済的と言うか精神的にも楽。
これはいいかも知れないです。

R仕様の影響により、ヒールの効果がずいぶん落ちました。
本サバのハイプリは大体2600~2800くらいのヒール量です。
治癒杖(+8)で2800、その他で2600ってとこです。

なのですが、R仕様になると普通の杖だと1700~1800くらいです。
この差は結構大きい。被ダメージが多少減っているとしても囲まれれば痛い。
ヒール1回の回復量の差は、抱える上では思った以上に死活問題かもしれません。

さて、いいかも知れない、と感じたキリエで実際にどれくらい抱え込めるか。

具体的な結果を得る為、1Fを抜けて3Fまで舞台を移しました。

名無し3Fペア狩りは本サバではやったことないのでそういう意味では比較には
出来ませんが…とりあえずキリエの効果検証と割り切ります。

あ、ちなみに防具はアコセットです。色々用意するのが面倒だった(ぇ
使用キリエLvは10です。HPは12000前後くらい?だったかな。
キリエの効果を最大限に生かすため、VIT99+αです。
本サバキャラのVITとDEXを入れ替えた感じです。

A.ネクロマンサー+取り巻き1セット
 ⇒キリエで余裕。ゾンビスローターが比較的早く落ちるので
  ネクロ1匹抱える分には全然怖くない。SGダメが通りにくいけど結果楽勝。
  
B.ネクロマンサー+取り巻き1セット + バンシー等1~2匹
 ⇒Aと大差なし。バンシーがめんどくさいけどSGしてたら終わります。
 
C.ネクロマンサー+取り巻き2セット
 ⇒キリエを常時書き換えてないと突破される。たまに切れて被弾。
  キリエ掛けなおしに必死になりすぎるとヒールがつらいけど
  SGがちゃんと出てればゾンスロはそのうち落ちるので安定化。
  最初の数秒耐え切ればネクロ2匹だけを相手にしてる感じに。許容範囲。
  
D.ネクロマンサー+取り巻き2セット + バンシー等1~2匹
 ⇒Cより更にゾンスロが落ちるまでの時間が危険に。
  SG1発目さえ出てしまえばゾンスロは大半落ちてバンシーも凍るはずなので
  そこからはどうにかなるけど、ちょっと怖い。後ろにサンク引いてたら
  大丈夫だと思われる。
  
E.ネクロマンサー+取り巻き3セット
 ⇒ゾンスロの手数に負けて、キリエはあっさり突破されるレベル。
  掛けなおしの間にがつがつ食らう。サンク引いてたら耐えられるかも
  知れないけど、キリエで耐えている状態ではない。いっぺんにSB来たら
  落ちそう。今回の検証では無理でした(耐えられず陥落)
  

と言う事で、現実的な許容範囲はネクロ2セット、ってとこでしょうか。
1セットなら余裕です。INT-VITのガチムチMEプリのキリエ狩りはじまた!?

アスムではヒール回復量減少の影響もあってネクロ1セットが限界っぽい感じです。
2セットは抱えきれない。ブラギがあるか、後ろにサンクを引くか、もう一人支援が必要。
この時点で、明確にキリエはアスムを超えた、と言えるかも知れません。

キリエ突破レベルの敵の数ではVIT効果も減少されるので、アスムの効果もあまり
目立たなくなる。結局使いどころの分からないスキルになってしまった感がありますね。

このまま実装になったら、アスムは取らなくて良くなりそうです。
ハイプリである必要もないです。プリ99からアクビでも良いんじゃないでしょうか。

アクビのスキルツリーで前提にアスムがあるとかじゃない限り、ハイプリである利点は
ジョブ70まで上げられた事による(アスム以外の)スキルの充実、HP/SP量、くらい。
ハイプリらしいスキルの最後の砦メディタティオを10にしたとして、
残りスキル10P分が素プリからのアドバンテージ?

アクビの仕様次第では、それくらいなら別に…ってなりかねない、ハイプリの価値崩落。
このままでは赤いだけの存在に。

キリエがちょっと有効に使えるようになったのは良いけど、
なにもアスムの価値をここまで下げなくても良いと思うのですが…。
ストームガストみたいに 「使いづらくなった」 どころの差じゃありません。

アスムは 「全く必要がなくなった」 です…。

でも調査隊は諦めずに使い道を検討しようとは思います。

自分にではなく、ちゃんとした前衛相手に使ってどうなのかを、
最後の希望として調査対象にしようと思います。

…ちゃんとした前衛相手になら、キリエが更に映えるんだろうなぁ…

あ、おまけで分かった事として

VIT100でも呪われる

噂では(未確認ですが)VIT100でもスタンするとか。
VIT100による完全耐性はなくなった?のかもしれない。
もしくは敷居が上がったか、他ステ(LUKとか)との組み合わせで
実現するものになったのかな。

これについてはまた別途ちゃんと検証してきますね。

--

次回 『ASPDの価値は』 続く!
スポンサーサイト


2009/09/04 | 00:00
RO 日記コメント:1トラックバック:0
コメント
定石と司書らうらうへ返却しました!
ありがとーございました!

ご恩はきっとゴハンで手を打ちます(ぇ
2009-09-04 金  22:22:36 |  URL | 夢野 #DWgh5vZM [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


Copyright © たべごろ。 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された
全てのコンテンツの著作権については、運営元である
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と
開発元である株式会社Gravity 並びに
原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. 
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。