スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

2009年最後

年末忙しくてブログも停滞してしまいましたが
2010年もマイペースにがんばっていこうと思います。

色々とお世話になった皆さん、来年もよろしくお願いしますっ!

みなさん良いお年を。

スポンサーサイト
2009/12/31 | 23:58
その他コメント:2トラックバック:0

ひと山越えて

仕事の方は今日、担当の人が客先へレビューに行っているため
その結果次第で(恐らくまた何か修正やらあると思うのですが)
作業が発生する状況。一応、現在もまだ手作業は残っているので
それをこなしているところですが、大きなところは今日のレビュー
のための作業だったので、一応のひと段落といえます。

さきほど担当の方からは
「日曜まで出勤させてしまっていますし、今日のレビュー結果を
 持って帰って、その後内部打ち合わせを経ないと追加の作業が
 どうなるかまだわからないので、今日は早く(定時に)
 帰っていただいて結構ですよ」
 
と言われました。久々に早く帰れる!休みではないけど、ちょっとだけ
気持ちが休まりますね。今は早くハイアコのLv上げをしたい時期なので
タイミング的には悪くないです。ありがたや。恐らくレビュー結果で
ばたばたするので結局明日以降の週末までは忙しいのは間違いない
んですが、無事に今日のレビューを迎えられたのは満足感があります。
今年の仕事も実質あと1週間、体調崩さないように気をつけてがんばらねば。

--

さて、ここ最近唯一見ていたTVドラマ JIN が終わってしまいました。
最終回はちょっと長いスペシャルバージョンでしたが、今回のこの
ドラマは非常に配役がはまっていたように思います。

脳外科医 南方仁役の大沢たかお、武家の娘 橘咲役の綾瀬はるかなど
みなさん好演されていて良かったのですが、それよりもなによりも、
坂本龍馬役の内野聖陽さんが素晴らしかった。坂本龍馬といえば高知。
高知は土佐弁がとてもインパクトがあって、そこがまた難しいわけですが
高知出身の方曰く
「内野さんの土佐弁は完璧。なんであんなにうまいの?高知の人?」

って言ってました。神奈川県横浜市出身で早稲田大学卒だから
住んでいたとか言うこともなさそうなので、純粋に演技としての
レッスンによって身に着けたのでしょうけど…

方言って、本当に難しいですよね。

色んなドラマなんかで自分が住んでいる地方の方言をしゃべってる人を
見かけたりしますが、出身が違う人がやっている場合はほぼ間違いなく
どこか違和感を感じたり、イントネーションが惜しいとか、全然だめ
とかあるものなんですが…それを原住民(元)に完璧と言わしめるのは
役者としてのレベルの高さを感じますね。方言だけでなく、自由奔放で
豪放磊落な坂本龍馬を見事に演じきっておられた居たと思います。
かっこよかった。満点です。

ここまでやられてしまうと、次の大河ドラマで坂本龍馬を演じる
福山雅治との比較になってしまいそうですね。同じ人物でもお話が
違うから同じ役ではないので一概に比較は出来ないけれども。
今回の内野聖陽さんの好演によって坂本龍馬に興味が持ててしまった
ので、次の大河ドラマは見てみようと思ってます。楽しみですね。

さて、JINの最終回の視聴率は25%を超えたらしいですが、結局明確に
謎は解かれないまま。まぁこれは、原作コミックがあってまだ
終わってないので当然なのですが、それを踏まえても「これで終わり!」
って言う大団円的な終わらせ方をしなかったのには来年の映画化を
睨んだ嫌らしい魂胆があるらしい。さすがTBS(ぇ

ドラマがかなり人気を博したからって映画化しても稼げるのかなぁ?
ドラマ化に際しても原作を全くそのまま踏襲するのではなく、ドラマ用の
脚色が随所に見られたJINですが、映画化までするとなると、監督が
どんな風に仕立ててどんな脚本にするのかで決まりそうな気はします。

何はともあれ、久しぶりに1話から最終話まで通してドラマを見ましたけど
原作が面白いのはおいといても、ドラマとしても非常に楽しめました。
漫画原作のドラマはこれまで色々ありましたが、個人的な感想としては
『のだめカンタービレ』以来の配役マッチ、原作を殺してない、
次回が楽しみに思えたドラマだったように思います。
そういえばのだめも映画やってますね。見に行きたいので時間を下さい…

次は、配役が難しそうでドラマ化したら脚本次第じゃ陳腐化しそうだけど
『ちはやふる』もドラマ化しないかなぁ。原作の良さは言うまでもないので
上手く生かしてくれれば…

『ちはやふる』をまだ読んだことがない人は今すぐ本屋さんへダッシュ!
競技かるたって何だよって人でも、絶対はまるはずですヨ。

2009/12/21 | 12:08
その他コメント:2トラックバック:0

今日は何の日?

今日は 9月3日 です。

9月3日と言えば、みなさん当然わかりますね?

そうです、あの日です。

ドラえもんの誕生日!!

ドラえもんは2112年9月3日生まれ。
あと103年後ですか。

……まだ生まれてないじゃんか!!なんたることか。

まぁでも誕生日なんですヨ。それで良いんデス。

雑誌の連載開始から云十年とかそういう話じゃないので

あぁ…ドラえもん もう40歳か…

なんて夢のない話じゃありません。

ドラえもん、声優さんが替わってからは第一回だけみて
あとはアニメは見てませんが。やっぱり大山のぶ代さんが良かった。

声優陣の交代からは新ドラえもんとして新しいもの(現代風のもの)
を作るのではなく、あえて原点回帰のため原作を再度イメージする事
から始めたと言うことで、最近では違和感なく受け入れる意見も
増えてきているそうですね。

○ちなみにドラえもんは
身長:129.3センチメートル
体重:129.3キログラム
パワー:129.3馬力
頭の周り:129.3センチメートル
胸囲:129.3センチメートル
足の長さ:129.3ミリメートル
ネズミを見たときに飛び上がる高さ:129.3センチメートル
ネズミを見たときにネズミから逃げる速さ:時速129.3キロメートル

と、129.3と言う数字が各種設定としてあるんですが、この数字は1969年当時の小学4年生の男女平均身長の数字から取ったのだそうです。理由は、のび太を見下ろさない高さにするため。

平成17年度の小学4年生の平均は133.5cmらしいので、時代の流れを感じますね。

ちなみに、ドラえもんは座高100センチメートルなので、足の長さは約30cm。
30cmもあるのか…と思ったのは私だけだろうか?

そんなわけで、9月3日はドラえもんの誕生日なので、皆さんドラえもんを読みましょう。

たまにはドラえもんでも読んで、
便利な道具を使って悪事を働くとどうなるか

を再認識するのも良いかもしれません。

2009/09/03 | 12:38
その他コメント:0トラックバック:0

明けましておめでとうございます

2009年が始まりました。

2008年は色々と大変な1年でしたが…仕事の方は無事に2008年12月29日をもって
結合テスト完、納品完了となりましたので落ち着きました。

今年こそ、良い年、良い経済状況になりますように。

さて、2009年のRO的目標について。

今のところ、育成候補となっているのは
1.ハイプリースト
2.ハイウィザード
3.ハンター
4.パラディン
5.ジプシー

と言った所ですが、随分停滞しているハイプリでアークビショップを目指すのも
悪くないか、と友人と話をしていて思ったために1位になっております。
一番色んな所へ紛れ込みやすい職でもあるので、臨時に参加さえ出来れば上がるのも早いでしょう。

ハイウィザードもまた、需要の高めなキャラなので育ちやすいですし動かしやすくも在る。

ハンターは、非転生キャラの方が先があって面白いかもしれない、という安直な理由なので
やる気がどこまで上がるかは微妙です。

パラディンはやりさえすればオーラ目指せるのですが現状名無しかタナしかいけないのが
辛いところではあります。ハイプリは狭間にも行けるようにしてジョブカンストも視野にして
やっていきたい。

ジプシーについてはクッキーがハイプリになったら狩りに連れて行ってもらおうと考えていて
いつかアビスペア、またはトリオで行くのが目標です。

その他、TUプリも居たりしますので、稼働率は高いですし気まぐれに育成モードに入るかもしれません。

約4ヶ月のブランクは結構大きくて、その間に実装されたものに関してはほぼ完全にウラシマ状態です。

この正月休みの間に少しでも把握して、準備をして、正月明けの1.5倍期間は久しぶりに色々
頑張ってみようかなと思っています。

皆さん、本年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

2009/01/01 | 12:02
その他コメント:2トラックバック:0

久しぶりに良い動画



たった一言発するだけでそれとわかるのは、プロの仕事って気がしますね。
新しい声優さんたちにまだ馴染めない人の為のジャイアン。

2008/05/26 | 23:15
その他コメント:0トラックバック:0

Copyright © たべごろ。 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された
全てのコンテンツの著作権については、運営元である
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と
開発元である株式会社Gravity 並びに
原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. 
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。